愛知蒲郡バイオマス発電所は、木質資源や植物残さなどの生物由来の資源(木質バイオマス)を燃料とします。木質バイオマス燃料をボイラーで燃焼させて水を熱し、高温高圧の蒸気を作ります。その発生した蒸気によってタービンを回転させ、タービンと繋がった発電機が回転することで、電気を生み出します。このような発電方法を木質バイオマス発電といいます。

木質バイオマス発電の特徴

木質バイオマス燃料の燃焼時にはCO₂が発生しますが、植物の成長過程で光合成により大気中のCO₂を吸収・固定するため、排出と吸収によるCO₂のプラスマイナスはゼロとなります。そのような炭素循環の考え方をカーボンニュートラルといいます。木質バイオマス発電は、カーボンニュートラルという考え方に基づいた再生可能エネルギーです。化石燃料ではなく木質バイオマス燃料を利用することで、地球全体でのCO₂排出量を抑制し、地球温暖化防止に貢献します。 また、発電所の運営や木質バイオマス燃料の運搬など、新たな産業と雇用が創出され、地域の活性化にも貢献します。

愛知蒲郡バイオマス発電所の使用予定燃料

燃料種別 年間使用量 原産国
木質ペレット 約10万t タイ
パームヤシ殻 約13万t インドネシア
合計 約23万t

【木質ペレット】

愛知蒲郡バイオマス発電所では、植林や伐採を計画的に行う等の持続的な管理が実施されている森林で伐出される木材を主原料とする木質ペレットを購入します。国際的に認知された森林認証制度等により、製造工程から発電所に納入されるまで適切に分別管理されていることを確認しています。

 

【パームヤシ殻】

愛知蒲郡バイオマス発電所では、国際的に認知された認証や輸出国の管理規則に基づく認証が付与されたパーム油搾油工場で発生するパームヤシ殻の使用を積極的に行っていきます。国内外のサプライヤーと連携し、適切な流通経路が維持されていることの確認に努めています。
愛知蒲郡バイオマス発電所が使用予定のパームヤシ殻が発生するパーム油搾油工場は以下のリストのとおりです。

パーム油搾油工場リストはこちら